魅力あるホームページとは!コツ5選

ユーザーに情報を適切に伝える

魅力あるホームページとは、まず導線設計がしっかりしていることです。無秩序に情報を配置するだけでは、欲しい情報をユーザーは効率良く得ることができません。そのため、関連する情報はひとまとめのグループとし、さらにそのグループに関連する情報を近くに配置することで、ユーザーは効率よく情報を得ることができます。
コンテンツの多くは文字なので、文字が読みやすいかどうかも大切なポイントです。基本的に本文のフォントはゴシック体を使いましょう。文字の読みやすさには文字同士の間隔や行間も深く関わっているため、これらのスペースを適度に取ることも大切です。
画像はホームページに欠かせない要素で、文字よりも直観的に情報が伝わることもあります。そのため画像をうまく用いることもコツの一つで、たとえばフォームの横に虫眼鏡の形のアイコンを配置すれば、それが検索フォームであることが理解しやすくなるでしょう。

細かな部分にもこだわる

魅力あるホームページにするためのコツとしては表示速度の高速化があります。いくらコンテンツが魅力的であっても、ホームページにアクセスしたときにページがなかなか表示されないと、ユーザーはそのまま離脱してしまうかもしれません。表示速度の高速化を実現するためには、ソースコードや画像の圧縮、キャッシュの利用、CSSスプライトなど、さまざまなものがあります。
コンテンツに関する細やかな気配りも、魅力的なホームページを作るためのコツです。たとえばスクロール量が多いコンテンツの場合、上に戻るためには多くのスクロールが必要となることがあります。そこで、一定のスクロール量を超えるときに、クリックするだけで上へと戻るボタンが表示されれば、ユーザーは大量にスクロールするという作業をやらずに済みます。