誰でもできる?!ホームページ作成

ホームページ作成の基本

ホームページを作るというと、初心者にとってはハードルが高いというイメージがあると言えるでしょう。もちろん、方法によっては難しい場合もありますが、比較的簡単な方法もあるため、自分に合ったやり方を選ぶことができます。まず、ホームページを作る際の基本中の基本として知っておきたいのは、ホームページにはドメインとサーバーと呼ばれるものが必要になるということです。ドメインとはホームページの住所にあたるURLのことで、サーバーはホームページのデータを置く場所のことであり、この2つが揃って初めてホームページをインターネット上に公開することができます。そしてホームページのコンテンツは、HTMLやCSSと呼ばれるファイルによって作成します。

ホームページを作る方法の種類

実際にホームページを作る方法としては、まず自分でドメインを取得してレンタルサーバーを利用するという方法があります。この方法が最も一般的ですが、HTMLやCSSなどのホームページの知識がある程度ないと難しいと言えるでしょう。次に挙げられるのは、ホームページ作成サービスを利用するという方法です。この方法ではドメインやサーバーをサービスとして提供してもらえますし、ホームページ作成ソフトも使えるためHTMLやCSSの知識も不要です。さらに挙げらえるのは、CMSと呼ばれるコンテンツ管理システムを利用した方法であり、専門知識がない人でもホームページの管理や更新を行うことができます。ただしこの方法では、ドメインの所得やサーバーのレンタルを自分で行う必要があります。